楽天銀行の不動産担保ローンのメリットとは?

お金を借りるというのは口で言うほど簡単ではありません。プロミスやアコムといった消費者金融でさえ、個人の信用がなければお金を借りることはできないからです。

楽天銀行などの大手銀行であればなおのことお金を借りるのは難しくなるでしょう。しかし多額の融資を比較的簡単に受けられる方法もあります。それが不動産担保ローンです。

不動産担保ローンとは、その名の通り土地や建物などの不動産を担保として融資を受けることです。楽天銀行などの銀行側としても、万が一債務者が返済不能になったとしても担保があるので安心して融資することができます。

不動産担保ローンにはさらに多くのメリットがあります。不動産の価値が融資額に反映されるので数百万円、数千万円といった多額の融資も受けることが可能です。

さらに無担保ローンと比較すると不動産担保ローンの方が低金利で、長期の返済ができるようになっています。そのため返済総額を少なくしたり、毎月の返済額を無理のない範囲に抑えられたりできる可能性が高いのです。

このように多くのメリットがある不動産担保ローンですが、最近になって人気を集めているのが楽天銀行の不動産担保ローンです。では楽天銀行の不動産担保ローンのメリットについてご紹介します。

まず何といっても気になるのは金利でしょう。不動産担保ローンはそもそも金利の低いローンですが、楽天銀行の不動産担保ローンの場合には他の銀行よりもさらに低い、年率2.89%から9.49%です。2018年9月度適用金利では年率3.02%から9.62%だったので、2019年に入ってさらに低金利になったということになります。

さらに楽天銀行の不動産担保ローンは借入可能額と返済期間が債務者にとってうれしい数字になっています。最大借入可能額は1億円です。事業資金、楽天銀行の貸付商品の借換え以外であれば使途は自由なので、かなり自由度の高いローンと言えます。しかも最長借入れ期間は25年で、かなりの長期にわたって返済することが可能です。これで毎月の返済額をリーズナブルにすることができます。

不動産担保ローンのデメリットは消費者金融などと比べて融資までに時間がかかるということです。しかし楽天銀行の不動産担保ローンでは事前審査結果が最短で翌営業日にわかります。

もちろん本審査にはある程度の時間がかかりますが、事前審査の結果でも早く知ることができるというのは非常にうれしいポイントです。

楽天銀行の不動産担保ローンの別のメリットは繰上げ返済手数料が無料であるということです。不動産担保ローンに限らず、繰上げ返済を利用すると返済総額は少なくなります。そのためボーナスが出た時などまとまったお金が用意できた時には繰上げ返済をするのが賢い返済方法です。

楽天銀行では繰上げ返済の際の手数料がかからないので気軽に返済できます。

楽天銀行の不動産担保ローンでは住宅ローンが残っていても融資を受けることができます。当然住宅ローンが残っている場合、融資をした銀行が抵当権の第一位順位になっているわけですが、楽天銀行が第二順位であっても融資してもらえます。急にまとまったお金が必要になった時にはとても便利な方法です。ただしローン残高が購入時の約6割以下になっていることが条件となります。

不動産を複数所有している方であれば、その複数の不動産を担保にすることでさらに高額の融資が受けられる可能性があります。本人の不動産のみならず、三親等内の親族が所有している不動産も担保にすることが可能です。楽天銀行の不動産担保ローンはとても便利な資金調達方法なので、不動産を所有している方はぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました