[不動産担保ローンはいくらまで借りられるの?

不動産担保ローンの魅力は担保となる不動産があれば、無担保ローンを遥かに上回る高額融資を受けられることです。無担保ローンの中にも、いわゆるビジネスローンのように高額融資を謳っているものもありますが、金利が高く、しかも返済期間が短いといったデメリットが有るため、事業資金として活用するには不向きである場合が多いです。もちろん緊急性を要する状況であれば、一時的にビジネスローンを利用する方法もありますが、やはり不動産担保ローンのほうが安全性は高いため、安心感が違います。

不動産担保ローンを利用する場合、おそらく高額融資を目的としている場合が中心になるため、一体いくらくらいまでなら融資してもらえるのかということに注意が向くと思います。いくら借りられるかがわかれば、それに基づいて今後どのような事業を展開すべきかといった将来のビジョンを組むことも可能になるからです。ポイントは不動産担保ローンを利用する場合、融資額の上限をチェックしておくことと、必要な担保の内容を把握することに尽きます。

まずは不動産担保ローンで借りられる融資額を把握しておきましょう。不動産担保ローンは担保となる不動産評価額(路線価)の70%前後と言われています。あとは信用力次第で融資額が変わってきます。銀行から融資を受ける場合、リスクを考慮するため融資額が更に削られます。実際に融資を受けた事業者によると、銀行の融資額は担保となる不動産の評価額の50%程度だったそうです。仮に不動産の評価額が1億だった場合、借りられるのは5000万円までということになります。融資額の割合と、所有する不動産によって借りられる金額が変わってくることを考えると、銀行での不動産担保ローンは満足できる金額にならないこともあります。

銀行以外で不動産担保ローンを提供している金融機関となると、あとはノンバンク系ということになります。ノンバンクは金利が高くてかえって自分の首を絞める事になってしまうのでは、と心配する人もいるかもしれません。もちろん不動産担保ローンを提供するノンバンクの金利は、銀行よりも高く設定されています。その差はどのくらいなのか気になるところですが、実際の差は1%~2%程度です。この差を大きいと見るか妥当だと見るかは個人によって変わってきますが、融資の緊急性が高い場合、1%前後の差であればそれほど大きいとは感じないはずです。

ノンバンク系不動産担保ローンは、審査が銀行よりもスピーディーというメリットもあります。審査が早ければ早いほど融資が受けられるタイミングが早まるわけですから、せっかくのビジネスチャンスをのがしてしまうといったことはないはずです。例えば設備投資計画を立てていて、あと4日以内に契約をする必要が生じた場合、銀行の不動産担保ローンでは間に合いません。それがノンバンク系なら3日以内で融資可能な場合が多いので、安心して運転資金や設備投資式を確保することが可能です。

融資額も銀行の不動産担保ローンよりも多く認定される場合が多いです。銀行の場合、路線価を調査し、担保となる不動産価値を算定するまでに時間がかかるだけでなく、評価額の半分程度までしか融資が受けられないといったデメリットがありますが、先程も解説したとおり、ノンバンク系の不動産担保ローンであれば、70%~80%程度の融資を受けられる可能性もあります。また路線価では融資額が足りないという場合でも、融資額を底上げしてもらえることもあるため、十分の資金を確保したい場合に非常に有利に活用できるというメリットさえあるのです。銀行とほとんど格差がなくなってきているため、ノンバンクを活用する意義はますます高まっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました